本文へスキップ

TEL. 06-6210-5106

〒542-0081 大阪市中央区南船場2-12-10
ダイゼンビル3F

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

TOPICS

  • 中小企業投資促進税制の上乗せ措置に関するご案内 (2016年6月1日更新)
     TB-CAD32は、「生産性の向上に資する設備(生産性向上設備投資促進税制)」に該当する商品なので、上乗せ措置を利用することが可能です。
     本制度は、機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、取得価額の30%の特別償却又は7%の税額控除(※税額控除は、個人事業主、資本金3,000万円以下法人が対象)が選択適用できるものです。
     また、生産性の向上に資する設備を取得や製作等をした場合については、(1)特別償却割合30%を即時償却に、(2)個人事業主、資本金3,000万円以下法人について税額控除割合を7%から10%に、(3)資本金3,000万円超1億円以下法人に7%の税額控除を適用することとした上乗せ措置がご利用できます。

    「適用期間及び優遇内容」
      平成26年1月20日(産業競争力強化法施行日)から平成29年3月31日まで
      ただし、TB-CAD32は、平成29年2月28日までに納品された商品が対象です

     詳しくは 中小企業庁 事業環境部 財務課 でご確認下さい。

  • Windows 10 にアップグレード後、旧OSに戻す方法のご案内 (2016年5月20日更新)
    Windows 10 へのアップグレードを予約したつもりでなくても、予約をキャンセルしなければ強制的にアップグレードが開始されます。
    アップグレードを希望されない場合は、予約をキャンセルして下さい。
    アップグレード後、一ヶ月以内であれば、以前のOSに戻すことが可能です。操作手順は こちら を参考にご自身で操作して下さい。

    Windows 10 にアップグレード後、以前のOSに戻された場合の注意点
    ・OSを元に戻す作業に失敗すると、最悪の場合はOSが起動不能になります。OSの復旧は、年間保守契約の対象外になっております。
    ・windows Liveメールの受信トレイのメールが消えて、復元されたアイテムというフォルダーに移動してしまう現象が起こることがあります。
    ・周辺機器が動作しなかったり、必要なアプリが対応していない場合は Windows を以前のバージョンにダウングレードして下さい。

    Windows 10 にアップグレード後の注意点
    ・アマダ製AP100はWindows 10 では動作致しません。メーカーにお問い合わせ願います。

  • Windows 7と8.1搭載PCの販売終了に関するお知らせ (2016年4月1日更新)
    Microsoftは、Windowsライフサイクルのファクトシートを更新し、Windows 7 ProfessionalのOEM向け提供期間を「2016年10月31日まで」と決定。 また、Windows 8の提供期間も「2016年6月30日まで」とWindows 7よりも早い終了時期に設定されています。
    OEMとは、多くの場合、WindowsソフトウェアをプレインストールしたPCのメーカーです。
    今後は在庫販売のみになると見られ、在庫がなくなった後に販売できるのは、Windows 10搭載PCのみになります。
    Microsoftのホームページ

  • 事務所移転のお知らせ (2015年12月14日更新)
    2015年12月21日より下記に移転することになりました。ショールームも備えており、よりアクティブな営業活動の拠点となるものと存じます。

    《新所在地》
    〒542-0081 大阪市中央区南船場2−12−10 ダイゼンビル3F
    TEL:06−6210−5106
    FAX:06−6210−5107
    ※TEL・FAXの番号が変更になっています。

  • Windows 10 への無償アップグレードに関するご案内 (2015年6月1日更新)
    今月初めから、Windows7をご利用のお客様がインターネットに接続されている場合、「Windows10を入手する」とタスクトレイに表示がされています。 今後のWindows 10 への対応などに関する資料は こちらから 入手して下さい。

  • 生産性向上設備投資促進税制に関するご案内 (2014年5月29日更新)
     質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、もって我が国経済の発展を図るため、「先端設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際の税制措置が新設されました。 経済産業省関係産業競争力強化法に規定する生産性向上設備等のうち、税法上の要件を満たすものの取得等をして事業の用に供た場合に一定の優遇措置が講じられる制度です。
     TB-CAD32は、指定設備の要件を満たしていますので、証明書発行に関しては弊社担当者までご連絡下さい。ただし、平成29年2月28日までに納品された商品が対象です。

    「適用期間及び優遇内容」
      平成26年1月20日(産業競争力強化法施行日)から平成28年3月31日まで
      即時償却と税額控除5%の選択性

      平成28年4月1日から平成29年3月31日まで
      特別償却50%と税額控除4%の選択性

      ※ただし、税額控除における税額控除額は、当期の法人税額の20%が上限

    「証明書発行事務手数料」
      3,000円(消費税込み)

    経済産業省のホームページ  |  一般社団法人 情報サービス産業協会のホームページ

  • 遠隔保守体制のご案内 (2013年4月1日更新)
     遠隔保守体制では、リモートサポートによってお客様のパソコンにアクセスし、早期問題解決に取り組んでおります。 リモートサポートは、ソフトウェア保守契約もしくはシステム保守契約にご加入のお客様向けの保守内容です。
     リモートサポートを受けられる場合、下記のボタンを実行し、サポートの準備を行って下さい。 設定方法はこちら WindowsXP | Windows7 をご覧下さい。

  • 越年時の対応方法 (2013年1月1日更新)
     年初、SYNTECアプリケーション実行時、「システムの日付が正しく設定されていません」のメッセージが表示されて起動しない場合、恐れ入りますが、トップページ下部の[ライセンス情報登録]をご覧頂き、ライセンス情報の更新を行って下さい。大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。


バナースペース

株式会社シンテック

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-12-10
ダイゼンビル3F

TEL 06-6210-5106
FAX 06-6210-5107